こんにちは。ホームスタッフサービスのT上です。
今回は私が仕事で使っていて「便利だな」と思った機能をご紹介します。
それはExcelのリンク機能です。
今回は、シートへのリンクを貼る方法について話したいと思います。

リンクを活用してラクをしよう!

Excelでは、webページや別のファイル、シートへのリンクを作成することができます。
セルにリンクを貼っておくことで、webページや別のファイル、シートをワンクリックで開けるようになります。
同じページやシートを何度も参照する場合には、リンクが貼ってあると作業が楽です。

リンクで手間を省けます

例えばこんな経験ありませんか?

  • 資料の参考にwebページを開きたいけど、毎回検索するのが面倒
  • 別のシートを参考にしたいけど、あのシートどれだっけ?

そんな「検索する」「確認したいシートを探す」といった手間は、リンク機能を使えば省くことができるのです。

リンクの設定

リンクでできること

リンクを貼った箇所をクリックすると、一瞬でシートを移動することができます。

例えば下のExcelファイルには、「年間スケジュール」シートと1ヶ月分のスケジュールが書かれた月ごとのシートがあります。

スケジュール管理のExcel

※クリックで大きな画像が開きます。

「年間スケジュール」シートで4月の予定を見て、「8日の部内会議は何時にあるのか」など詳しい予定を知りたくなったとします。
すると「4月」シートを開くために、月ごとのシートの中から「4月」を探してクリックして……といちいち手間がかかります。「4月」シートを開こうとして「5月」シートをクリックしてしまった、なんてこともあるかもしれません。

しかし、B1セルの”4月”をクリックするだけで「4月」シートが開けばそんなこともなくなります。
シートを探す手間も間違ったシートを開くリスクも、減らすことができるのです。

リンクの貼り方

では、実際に他のシートへのリンクを貼りつけてみましょう。
「年間スケジュール」シートのセルB1に、「4月」シートへのリンクを貼ります。

年間スケジュール表

※クリックで大きな画像が開きます

  • リンクを貼りたいセルを選択します。
  • リボンタブ」の「挿入」を選択します。
  • リンク」をクリックします。
リンクの設定画面

リンクの設定画面が開きます。

  • リンク先は「このドキュメント内(A)」を選択します。
  • リンクさせたいシートとセルを選択します。
  • OK」をクリックします。
リンク設定後のセル

リンクが設定され、4月が下線付きの青文字になりました。

これでリンクが設定できました。
セルB1の「4月」をクリックすると、「4月」シートのセルA1に自動的に飛びます。

「4月」シート

※クリックで大きな画像が開きます

リンクで作業を効率化しましょう

リンクを使えば、行きたいシートへ一瞬で飛ぶことができます。
飛んだ先のセルに元のシートへ戻るリンクを設定しておけば、元のシートに戻るのも一瞬です。
設定を変更すれば、指定のwebページやファイルを開くこともできます。
こんな風に、ちょっとした手間を減らすことで、作業を効率化していきませんか。